日本遺伝学会 第89回大会【岡山】シンポジウム



S1 Human genetic adaptation in Asia
日程: 9月13日 13:30-16:30
世話人: 木村亮介 (琉球大学)
概要:
Modern humans dispersed into Asia within the last 50K years and genetically adapted to unprecedented conditions in climates, diets, pathogens, etc. Signatures of local genetic adaptations not only appear as phenotypic differentiation between populations, but also are engraved in our genome. A large catalogue of human genome variation data has enabled a comprehensive search for such signatures, and has increased our knowledge about local genetic adaptations. In some cases, there is evidence that an allele introgressed from Neanderthals into modern humans is adaptive. In this symposium, four speakers will discuss Asian-specific local genetic adaptations, introducing their recent studies.

S2 コムギの染色体数決定と倍数性発見100周年記念国際シンポジウム:倍数性研究の幕開け
Centennial of the discovery of correct chromosome number and polyploidy in wheat; Opening the studies for polyploidy
日程: 9月15日 13:30-17:30
世話人:村井耕二 (福井県立大学),辻本壽 (鳥取大学),半田裕一 (農研機構),
   那須田周平 (京都大学),木庭卓人 (千葉大学)
概要:
一粒系コムギ2n=14,二粒系コムギ2n=28,普通系コムギ2n=42の染色体数は,Sakamura (1918) によって決定された(発見は1917年)。染色体数の決定により,コムギの倍数性進化の道筋が明らかとなり,コムギ遺伝学の進展につながった。さらに,この発見を機に,植物における倍数性進化研究が開花した。
①日本国内および国外のコムギ研究者に坂村博士の業績を紹介し,その記念とする。
②コムギの染色体数決定によって切り開かれた植物の倍数性進化研究の現状と今後の展開について,広く総合的に討論する。
(共催NBRP-コムギ:公開シンポジウムとし,広く一般市民の参加も受け入れる。)


時計台_広報_20160312_01-220.jpg

日本遺伝学会
第89回大会
【岡山大学】
2017年9月13日(水)
〜16日(土)